徳島プリンスロータリークラブ

徳島プリンスロータリークラブ

徳島県徳島市万代町3-5-1
徳島グランヴィリオホテル
FAX (088)669-4011

委員長方針|徳島プリンスロータリークラブ

委員長方針

SAA

SAA 佐野 美佐子
方 針

ロータリー活動の要である例会の運営に当たり、近藤会長の方針に基づき、各委員会とも協議をしなが ら、例会が秩序ある中で、有意義で、温かく楽しい時間となるような環境づくりに努めます。

計 画
  • 皆様を笑顔で迎え入れ、楽しい中にも秩序ある例会場の雰囲気づくりに努める
  • 来訪者がリラックスして卓話をしていただけるよう努める
  • 例会進行にあたり、私語等を慎み、秩序維持に協力していただけるよう依頼を行う

クラプ奉仕委員会

委員長 赤澤 義仁
方 針

近藤会長の下、すべての会員がプリンスロータリークラブの会員であることの自覚と誇りを持ち、積極的 にクラブ運営に参加できるよう運営委員会と協力して参ります。
 また、会員・各委員会の連携を強化することにより、一層のクラブの発展に寄与して参ります。

計 画
  • 定款・細則・各規定の見直しを行う

親睦活動委員会

委員長 坂田 千代子
方 針

親睦委員会では、会員相互の親睦を深めることに重点を置いて活動します。委員会が開催する行事 を通じて、真に心の通い合う仲間を作り、クラブ活動をより円滑に行える関係を築いて参ります。
またメンバーの慶弔時には会長・幹事を補佐します。

計 画
  • クリスマス例会
  • 家族旅行
  • 夫婦同伴例会
  • 年度最終例会
  • 慶弔時のお手伝い

出席委員会

委員長 瀧本 忠良
方 針

出席はロータリーの三大義務の一つです。
各委員会と連携を取り、協力し、出席率の向上を目指します。

計 画
  • 例会や各活動への出席、また地区行事(地区大会・地区協議会・IM 等)への参加を奨励する
  • 例会に出席できない場合はメークアップを奨励する
  • 年間出席率100%の皆勤会員に記念品を贈る
  • 長期欠席・出席率の低い会員に呼び掛けをする

ニコニコ委員会

委員長 青木 太郎
方 針

ニコニコボックスは、会員の皆様、ご家族、事業所等の慶び事、お祝い事など身の回りの出来事や近況報告など、ときにはちょっとした失敗をニコニコしながら善意のお金と共にご披露いただき、会員みんなで喜びを分かち合うものです。
また、委員会活動等のPR やちょっと奉仕がしたくなったときなどにもこのボックスをご活用ください。
委員会では、会員の皆様に気持ちよくご協力していただけるように努めます。
皆様のご協力をよろしくお願いします。

計 画
  • 会員の皆様が、気持ちよくニコニコボックスに協力していただけるような、明るい雰囲気づくりに努める
  • ニコニコボックスの発表をわかりやすく皆様に伝えるよう努める

シスタークラブ委員会

委員長 多田 英人
方 針

当クラブには国外に1つ、国内に2つの姉妹クラブがあります。カナダにある「バーナビー・メトロポリタ ンロータリークラブ」と「京都洛南ロータリークラブ」、「東京向島ロータリークラブ」の3クラブです。縁あっ て結んだ姉妹提携ですので、相互の交流や情報交換を密にし、今後ともますます親交を深めて参ります。 また会員個人も、メークアップなどを通して会員同士の交流を深めていけたらと考えています。

計 画
  • 3つの姉妹クラブとの会報誌の交換等で、より一層親睦を深める
  • メンバーが3 つの姉妹クラブにメークアップが出来るよう呼びかける

会員増強委員会

委員長 髙木 博代
方 針

クラブが活性化する為の基本は会員基盤の充実と組織力の強化と考えます。単に人を増やすということではなく、組織として未来に向けた強さを保つことを長期戦略として考えるべきであると思います。
 会員同士の親睦、つながりを更に深め、会員皆様一人ひとりの満足度の質(充実感・やりがい・クラブ活動への参加意欲など)を高めていけるように努力し、【退会防止】また楽しい活力のあるクラブを目指します。
 入会するなら徳島プリンスロ一タリ一クラブと言われるよう【会員増強】に努めて参ります。

計 画
  • クラブ会員基盤の発展に向けた長期戦略を立てる
  • 当クラブの会員にも協力を仰ぎ、入会希望者を発掘し仲介する
  • 他委員会、新入会員紹介者と連携して、新入会員とのコミュニケーションの場を設ける
  • クラブの充実・活性化を図り、他委員会と協力し退会防止に努める

会員選考・分類委員会

委員長 中川  透
方 針

会員増強委員会と連携を密にし、クラブの会員にふさわしい人物を積極的に掘り起こし、入会へと導く よう努めます。

計 画
  • 新入会員推薦カードにより、手順に基づき理事会から諮問された会員候補者の地域社会における事業及び専門職務により職業分類を貸与します。地域社会のすべての職業を調査し職業分類表を作成し、その中の未充填職業分類を会員に周知し新入会員の推薦をお願いすることとなりますが、会員増強の妨げにならないよう、クラブでは5 名までの同じ職業分類が認められていますので、充填職業でも新会員の会員推薦カードを幹事に提出していただきたいと思います。当委員会では理事会を経た会員候補者をロータリーの中心概念である職業分類制度によりクラブの会員構成に該当するかを調査し、理事会に適正に報告します。

クラブ研修委員会

委員長 稲山 三治
方 針

本年度は近藤宗利会長の時代となりますが、新型コロナウイルスの影響で十分な活動が出来ない中で の船出となります。
昨年度より始まりました女性会員増強とロータリーを勉強する会を大きな目標として頑張って参ります。

計 画
  • 職業奉仕についての根本的な研究を行い、世界に向けて職業奉仕の理念を拡げる
  • 女性を中心としたロータリーの未来への展望を探る
  • 日本のロータリー100 周年を迎え、ロータリーの制度疲労について考える

広報・IT委員会

委員長 見野 健司
方 針

様々な媒体、特にインターネットを使い、地域社会の皆様にロータリーの目的と活動をアピールして参ります。
会員相互の交流などにもIT 技術を取り入れるよう企画し提案して参ります。
自身のIT関連の知識を生かし、昨今の情報漏えいやウイルス汚染などのリスクに対応する提案を行い、会員のITリスクの緩和に努めていければと思います。

計 画
  • Facebook やブログなどを通じ、会員相互の交流や地域社会へのアピールを強化する
  • 現在のホームページをより魅力的な物にし、新規会員獲得への助力となるよう努める
  • 最新のITリスクがどのような物かを会員に周知し、会員全体のITリスクへの対応力を高めるよう努める

ロータリーの友委員会

委員長 北野 将庸
方 針

「ロータリーの友」は日本中のロータリーや世界のロータリー情報が満載の情報共有ツールです。
会員の皆様の「ロータリーの友」への関心を高め、また投稿を呼びかけ、ロータリーに関する知識の向上と深い理解を求めて参ります。

計 画
  • 「ロータリーの友」をメンバーの皆様に読んでいただけるように広報を行う
  • クラブ例会の卓話に「ロータリーの友」の記事を利用してもらえるよう働きかける
  • 毎月の「ロータリーの友」について意見や感想をレポートする

職業奉仕委員会

委員長 森本 桂次
方 針

ロータリークラブ会員の皆さまが、地域社会で奉仕活動を行うにあたり、自らの基盤を確立するために 職業を持ち、その職務においても理想を遂行するために、心を高めて社会的道徳をもって職業奉仕を行 うべく推進して参ります。

計 画
  • 月初例会で「四つのテスト」を唱和する
  • ロータリー奉仕活動のため、事業の道徳的水準を高め、職業に反映させる
  • 「職業宣言」を読むことを奨励する

社会奉仕委員会

委員長 木内 崇
方 針

社会奉仕を通じて地域の環境をより良くし、住みよい社会づくりを実践して参ります。

計 画
  • 引き続きモザンビークの医療活動を支援する
  • 環境保全・アドプト事業をローターアクト委員会・RAC メンバーと実施する
  • 第3回徳島プリンスロータリークラブ・阿波国慈恵院納涼会の開催
    一昨年度、昨年度に開催した徳島プリンスロータリークラブ・阿波国慈恵院納涼会を引き続き開催します。
    昨年度はクラブメンバーと阿波国慈恵院の子どもたちが扇連様とともに5 回にわたり阿波踊りの練習を重ね、納涼会当日に阿波踊りを披露しました。阿波踊りの練習と納涼会当日の交流でクラブメンバー、慈恵院の子どもたち、先生方と扇連の皆様の親睦はおおいに深まりそれぞれが大変貴重な経験ができたと確信しています。
    今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を十分に考慮したうえで、昨年度に引き続き子どもたち、クラブメンバーが扇連様とともに阿波踊りの練習を行い、納涼会で披露できるように計画しています。

青少年奉仕委員会

委員長 藤原 賢治
方 針

ロータリーの青少年奉仕プログラムであるインターアクト(IA)、ローターアクト(RA)、ライラ(RYLA)、 地区新世代(少年少女)の活動を理解し、より多くの会員が奉仕に参加・共感していただけるように推 進して参ります。

計 画
  • ローターアクト委員会と共に、提唱徳島ローターアクトクラブの会員増強・組織運営の支援に努める
  • 社会奉仕活動を通じ、地域のリーダーの育成に努める
  • RYLA セミナーへの参加受講生の募集、また学友会組織の運営に努める

ローターアクト委員会

委員長 高橋 良典
方 針

ローターアクトクラブの自主的活動とクラブ運営を尊重しつつ、親睦と奉仕活動を通じ、指導力や個々 の能力の開発をできるよう支援・指導します。
また新型コロナウイルスへの対応の中で、会員が減少傾向にあるため、会員増強の方策をローターアク ターとともに検討し、実行して参ります。

計 画
  • ローターアクトクラブ会員の増強を図る
  • ローターアクターの地区RAC 事業への参加勧奨を行う
  • ローターアクターが魅力的な事業やイベントを企画し会員間の親睦を深めることが出来るよう支援する
  • 社会奉仕委員会とともにアドプト事業を計画し、一人でも多くのローターアクターないしその予備軍に、ボランティアを体験してもらう

国際奉仕委員会

委員長 疋田 孝文
方 針

国際奉仕とはロータリーの部門で、基本方針として目指しているところは、奉仕の理想に結ばれた事業 と専門職務に携わる人の世界的交流によって、国際間の理解と親善と平和を推進することにあります。
この方針に沿い活動して参ります。

計 画
  • 短期及び長期交換プログラムへの協力を行う
  • それにより、当クラブからも交換留学生を定期的に出せる礎を作る
  • 日本人眼科医療チームAOSA(アフリカ眼科医療支援する会)にモザンビーク北部での白内障手術支援を行う
  • その他、地区国際奉仕委員会の事業に協力する

ロータリー財団委員会

委員長 桝田 勝仁
方 針

ロータリー財団の使命は、ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済するこ とを通じ、世界理解・親善・平和を達成できるようにすることです。その為には日々の奉仕活動と共に、 皆様からのご寄付等資金の調達が大切です。
活動への積極的な参加と幅広い寄付を呼びかけて参ります。

計 画
  • 財団の補助金や活動について情報を提供し、参加を促す
  • 11月のロータリー財団月間に、ロータリー財団に関するテーマでの卓話を企画する
  • 会員諸氏のロータリー財団への理解をさらに深め、幅広い寄付をお願いする

米山奨学委員会

委員長 中飯 弘志
方 針

国際理解と国際親善に寄与するため、私費での外国人留学生の支援を目的に、会員により一層の寄付をお願いして参ります。

計 画
  • 昨年に引き続き、普通寄付金募集活動を継続する
  • 米山奨学会へのご理解をいただき、特別寄付金をお願いする
  • 米山奨学会への理解を深めるために、奨学生の卓話を他クラブとの交流も含めて推進する
  • 本年度、当クラブの女性の奨学生である、孫 宜利(ソン ウィリ)さんとクラブメンバーとの交流を深める。
  • 特に女性メンバーの方々に積極的な交流をお願いする
徳島プリンスロータリークラブ

〒770-0941
徳島県徳島市万代町3-5-1
徳島グランヴィリオホテル内
FAX(088)669-4011

TOP