HOME >組織

組織

2016-2017年度 徳島プリンスロータリークラブ 理事・役員

会長 中川 透
直前会長 桝田 勝仁    
会長エレクト 後藤 眞人
副会長 長澤 伸安
幹事 中山 誠 副幹事 亀井 一成
会計 吉田 喜充    
SAA 赤澤 義仁 副SAA 辻  好史  
理事 中川 透 中山 誠 吉田 喜充
赤澤 義仁 疋田 孝文 高木 博代
森本 桂次 佐渡三智子 北野 将庸
見野 健司 西岡 秀朗 福原 博司
藤原 賢治 木内 崇  


2016-17年度 委員会

委員会名委員長副委員長委員
クラブ奉仕 後藤 眞人  
親睦 疋田 孝文 平岡 寿文
山崎 文夫
木村 高大 山口 智賢
福井 孝仁 端村 圭
新見 茂仁 竹本 治
プログラム 高木 博代 國頒 直子 川人 洋一岡村 隆義
出席 森本 桂次 坂野 正明 藤本 憲嗣 
ニコニコ 佐渡三智子 清水 晴絵 東條総一郎
シスタークラブ 仁志 佳資 林  政憲 多田 英人 山内 勝英
会員増強 北野 将庸 中村 孝雄 高橋 良典
会員選考・分類 森脇 康之 高畠 勝己 美馬 和男
クラブ研修 稲山 三治 上林 敏成 元井 信介  
広報・ IT 見野 健司 坂田千代子 栗本 政寛
ロータリーの友 西岡 秀朗 佐野美佐子 山元 啓司
職業奉仕 大島 浩輔 中山 都雄 市岡 通裕 
社会奉仕 福原 博司 瀧本 忠良 近藤 宗利
青少年奉仕 藤原 賢治 福永 稔啓 榎本 興一
ローターアクト 木内 崇 青木 太郎 中飯 弘志
国際奉仕 渡邉 豊彦 高橋 章人藤﨑 吉正鈴江 仁志
ロータリー財団 麻植 泰則 原田 吾朗 森  博史庄野太一郎
米山奨学 石川 雅一 濵田真一郎 西  和彦

【SAA】

委員長 赤澤 義仁
方 針 出席してして良かった、次回も出席したいと思っていただけるような例会進行を行う。
計 画
  1. 例会担当委員会との内容確認を密にする。
  2. 時間厳守に努める。
  3. 出欠メールを活用し、出席率の向上に努める。
このページの先頭へ

【クラプ奉仕委員会】

委員長 後藤 眞人
方 針 会長のクラブ運営方針に則り、かつ各委員会の自主性を尊重しながら、理事会と各委員会の連絡、調整を図り、活動的なクラブ運営がなされるように努めます。
このページの先頭へ

【親睦委員会】

委員長 疋田 孝文
方 針 近年に入会していただいた方の親睦を深めることに重点を置き、より出席していただける関係を築いていきます。
 会員間はもとより、家族間もより親睦が深められるよう、心がけます。
 会員のご家族にも喜んでいただけるイベントを心がけ運営していきます。
計 画
  1. クリスマス例会
  2. 家族旅行(移動時間が3時間までにします。)
このページの先頭へ

【プログラム委員会】

委員長 高木 博代
方 針 各委員会及び、会員の皆様のご理解・ご協力を頂きながら、皆様が興味のある卓話を実現し、できるだけ出席率の向上に寄与できればと考えております。
計 画
  1. クラブ行事予定表に基づき、他の委員会とも連絡をとりプログラムを作成する。
  2. 原則として、月初例会はクラブミーティングとし、ロータリー活動に理解を深め、充実をはかっていきます。
  3. 新入会員をはじめとし、会員の皆様にも卓話をお願いします。

【出席委員会】

委員長 森本 桂次
方 針 各委員会と連携を取り協力し、出席率の向上を目指します。
計 画
  1. 例会に出席出来ない場合はメーキャップをお願いする。
  2. 出席をしたいと思うような例会になるよう各委員会にお願いする。
このページの先頭へ

【ニコニコ委員会】

委員長 佐渡 三智子
方 針 ニコニコボックスは会員の皆様の慶び事や、友情を深める為の楽しい話題を提供するための善意の印だと理解しています。またその善意のお金は、社会奉仕、職業奉仕、国際奉仕と私たちの身近な奉仕活動から国際的な事業にいたるまで、大変有意義に使われております。
本年度は、会員全員が趣旨をよく理解し、慶び事はみんなで祝福しあい、楽しい話題を出来るだけ多くご提供させて頂きたいと考えております。今後ともニコニコボックスの運営にご協力をよろしくお願い申し上げます。
計 画
  1. 例会において、出来るだけ多くの会員の善意を発表していきます。
  2. 皆様の善意の使途を益々ご理解頂けるよう啓蒙活動を行います。
このページの先頭へ

【シスタークラブ委員会】

委員長 仁志 佳資
方 針 3つの姉妹倶楽部との交流を深める努力をすると共に各姉妹倶楽部の現況を当クラブ内に伝えるよう努めたい。
計 画
  1. 当クラブ会員が姉妹クラブにてメーキャップし易いように、姉妹クラブの最新情報を入手して、当クラブ内に伝えたい。
  2. 当クラブが姉妹クラブにてメーキャップの際には、当クラブの現況を伝え、アピールする事で 相互の交流が深まる事につなげたい。
このページの先頭へ

【会員増強委員会】

委員長 北野 将庸
方 針 会員総数、前年度(2015-16年度)の70名以上を維持する事を目標とし、なおかつ5名以上の増員を課題として会員総数75名以上まで引上げる事に努めていく。
計 画
  1. 当クラブの会員にも協力を仰ぎ、入会希望者を発掘し仲介する。
  2. 既に入会した新会員に対してのサポートを強化する。
  3. 他委員会との連携により、特に新入会員とのコミュニケーションの場を設ける。
  4. ロータリークラブ以外の他団体等との接触により、情報交換を積極的に行う。
  5. 取引先(公的機関、金融機関なども検討)への勧誘を行う。
このページの先頭へ

【会員選考・分類委員会】

委員長 森脇 康之
方 針 当委員会は、会員選考委員会と分類委員会が、2015-2016年度から統合された委員会です。
会員増強委員会と連携しながら、当クラブに相応しい仲間を増やせるように務めます。
計 画
  1. 時代の変化に対応した職業分類表を作成する。
  2.    
  3. この職業分類表上で未充填の職業分類に注目し、入会候補者の推薦を会員に求めます。

【クラブ研修委員会】

委員長 稲山 三治
方 針 全会員、特に新入会員がロータリーを充分に理解し、ロータリー会員の特典と責務を遂行できるように、力を注ぐことが最大の目的と考えられる。
そのためには、奉仕の5部門及び効果的なクラブ運営のために、ロータリアン個々の知識を増やすためのプログラムを持つべきであると考え、本年度は下記の項目に従って勉強会を開こうと思っています。
  1. 「Srevice」とはどういう項目を含んでいるのか。(大島会員)
  2. ロータリーにおける親睦とは(原田会員)
  3. ロータリー財団と米山奨学(高木会員)
  4. ロータリーの危機について(稲山会員)
このページの先頭へ

【広報・ IT委員会】

委員長 見野 健司
方 針 様々な媒体、特にインターネットを使い、地域社会の皆様にロータリーの目的と活動をアピールして参ります。
会員相互の交流などにもIT技術を取り入れるよう企画し提案していこうと思います。
自身のIT関連の知識を生かし、昨今の情報漏えいやウイルス汚染などのリスクに対応する提案を行い、会員のITリスクの緩和に努めていければと思います。
計 画
  1. Facebookやブログなどを通じ、会員相互の交流や地域社会へのアピールを強化します。
  2. 現在のホームページをより魅力的な物にし、新規会員獲得への助力となるよう努めます。
  3. 最新のITリスクがどのような物かを会員に周知し、会員全体のITリスクへの対応力を高めるよう努めます。
このページの先頭へ

【ロータリーの友委員会】

委員長 西岡 秀朗
方 針 ロータリーの友委員会方針/ロータリーの友委員会はクラブ会報と雑誌委員会が統合された委員会で各委員会及び諸会合の内容をIT委員会と共同で連絡し「ロータリーの友」読書率の向上を計る。
計 画
  1. 広報・IT委員会と共に広くロータリーの情報や他クラブの動向を連絡する
  2. クラブ会員に「ロータリーの友」を配布すると共に投稿を奨励する
  3. 広く会員以外にロータリー活動を紹介する
このページの先頭へ

【職業奉仕委員会】

委員長 大島 浩輔
方 針 そもそも職業奉仕委員会とは何でしょうか? クラブ奉仕委員会、社会奉仕委員会、
国際奉仕委員会、それぞれ奉仕する対象がはっきりとしています(クラブ、社会、世界
に対して)が、職業に奉仕するとはどういう事でしょうか?
日本では職業奉仕に対してのウエイトは非常に大きく、その職業奉仕の意図するところを追及することは意義深いことだと考えられます。
One profits most who serves best.【最もよく奉仕するものもっとも多く報いられる】
職業奉仕とは、各々の職業を通じ他人に貢献をすることであると心得、活動の方針と致します。
計 画 職業を通じて友情を育んでいますか?
職業を実践するに当たって、高い倫理観を奉じていますか?
顧客の為に最高の品質、技術を提供していますか?
従業員に対して充分な報酬を与え、快適な就労環境を与えていますか?
同業者に対して公正で友好な関係を築いていますか?

解釈が難解な委員会ではありますが、私も会員の皆様と一緒になって勉強を続けたく思っております。
なお、四つのテストの唱和は月初め例会では皆様にお願いする所存ですのでご協力をお願い致します。
このページの先頭へ

【社会奉仕委員会】

委員長 福原 博司
方 針 社会奉仕を通じて地域の人々の生活の質を高め、公共のために奉仕することを実践します。
時に地域の環境問題にフォーカスし、自然豊かな徳島を継承するために環境保全活動に取り組みます。
計 画
  1. 「東北と徳島 こども学びプロジェクト」を行う。<ダッシュ隊徳島>との共同プロジェクトとして、震災に見舞われた子供たちに伝える。
  2. 各委員会やRACと協力して、アドプト事業を実施、多くのロータリーメンバーの参加を仰ぎ、環境保全対する意識向上、活動の輪を広げます。
  3. モザンビークの医療活動を支援します。
このページの先頭へ

青少年奉仕委員会

委員長 藤原 賢治
方 針 ロータリーの青少年奉仕プログラムであるインターアクト(IA)、ローター
アクト(RA)、ライラ(RYLA)の活動を認識し、より多くの会員が奉仕に
参加・共感していただけるように推進する。
計 画
  1. ローターアクト委員会と共に、提唱 徳島ローターアクトクラブの会員増強の支援に努める
    (インターアクトクラブ会員への呼びかけ)
  2. 社会奉仕活動を通じ、地域の他団体との協力やつながりを深め、青少年や若きリーダーへの支援・育成に努め、持続可能性を高める
  3. RYLAセミナーへの参加受講者募集に努める。
このページの先頭へ

【ローターアクト委員会】

委員長 木内 崇
方 針 ローターアクトクラブの様々な活動をローターアクターが自ら企画・運営することにより指導力や自己能力の開発をできるよう支援、指導をして参ります。また会員が減少傾向にあるため、会員増強のための支援を行います。
計 画
  1. ローターアクトクラブ会員の増強と、既存メンバーの出席率をアップさせる。
  2. ローターアクターが積極的に地区RAC事業に参加するよう指導する。
  3. 魅力的な事業やイベントの企画をし、会員間の親睦を深めることが出来るよう支援する。
  4. 社会奉仕委員会とともにアドプト事業を計画し、一人でも多くのメンバーにボランティアを体験してもらう。
このページの先頭へ

【国際奉仕委員会】

委員長 渡邊 豊彦
方 針 ジャン・ジャーム国際ロータリー会長の本年度のテーマは
「人類に奉仕するロータリー」です。
このテーマを具体的に実行する委員会と心得、各種国際プロジェクトを関係委員会及び会員のご協力のもと、計画して実行してまいります。
計 画
  1. 短期交換プログラムに協力をする。
  2. 長期交換プログラムに協力し、情報を会員に伝えることで理解を深め、当クラブからも交換学生を出せる下地作りをする。
  3. AOSA(アフリカ眼科医療を支援する会)に本年度も資金援助を行う。
  4. 昨年に引き続き、バンコクのスリウォンR.C.と協力して、タイ国の農村部の学校に浄水器を寄贈する。
  5. その他、地区国際奉仕委員会の事業に協力する。
このページの先頭へ

【ロータリー財団委員会】

委員長 麻植 泰則
方 針 ロータリー財団の地区補助金制度の理解を深め、活用しながらクラブの活性化を図ります。
計 画
  1. 地区補助金としてふさわしいプロジェクトの意見を求めよいものがあれば、支援 協力 推進をして行きたいと思っております。
  2. 次年度以降「未来の夢計画」を活用できるよう努めます。
このページの先頭へ

【米山奨学委員会】

委員長 石川 雅一
方 針 国際理解と親善に寄与するため、私費での外国人留学生の支援を目的に、会員に一層の寄付をお願いして参ります。
計 画
  1. 昨年に引き続き、普通寄付金を継続いたします。
  2. 米山奨学会へのご理解をいただき、特別寄付金をお願いして参ります。
  3. 米山奨学会への理解を深めるために、奨学生の卓話を他クラブとの交流も含めて推進して参ります。
  4. 本年度、当クラブの奨学生アンチル君とクラブメンバーとの交流を深めます。
このページの先頭へ
地区出向 稲山 三治 (財)ロータリー米山記念奨学会 評議員
疋田 孝文 職業奉仕委員会 委員
大島 浩輔 国際奉仕委員会 短期交換小委員会 委員長
森脇 康之 青少年奉仕委員会 ローターアクト小委員会 委員
藤原 賢治 青少年奉仕委員会 ライラ小委員会 副委員長
高畠 勝己 米山記念奨学委員会 委員
米山関連 石川 雅一 カウンセラー
アンチル 2016-2018 米山奨学生
徳島分区
ガバナー補佐
徳島第Ⅰ分区ガバナー補佐 加藤 好包 氏(小松島)
徳島第Ⅱ分区ガバナー補佐 阿部 榮次 氏(徳島南)
このページの先頭へ