HOME >会長挨拶

会長就任のご挨拶

会長 中川透2016-2017年度 徳島プリンスロータリークラブ
会長 中川 透







2016-2017年度の会長指名を受け、徳島プリンスロータリークラブの会長を拝命することになりました。理事役員を始め、各委員長そして会員のみなさまのご支援、ご協力をいただきながらクラブ運営に精一杯努めて参りますのどうぞ宜しくお願いします。  さて、ジョン F. ジャーム国際ロータリー会長は、2016-17年度のテーマとして「人類に奉仕するロータリー」を選びました。社会貢献への熱意をもつ職業人が集うロータリー独自の力を生かせば、大きな目標も達成できる、とするジャーム会長。「世界でもっと大きな『よいこと』をする推進力となるために、固い決意でポリオ撲滅を成し遂げ、ロータリーをさらに前進させながら、これまでの成功をバネに飛躍するときが来たのです」と述べています。  また、RI2670地区前田直俊ガバナーの地区方針を「Passion&Will」でロータリーにChallengeを!としています。力を注ぐべき点として以下の5項目を強調されています。

  1. 入会と積極的参加の促進
  2. 財団への寄付
  3. 人道的奉仕
  4. 若い世代をロータリーへ迎え入れること
  5. 公共イメージを高めること

としています。
徳島プリンスロータリークラブも設立24年目を迎え新しいステージに向かうタイミングだと思います。上記の方針を鑑み今期の方針としまして「守破離」と致しました。伝統を守り、良いことは継続し、変えるものは変えていく!をテーマにしたいと思います。当クラブは会員規模の維持や奉仕活動の数・内容などで、地区内でも非常に活発なクラブとして評価されています。しかし反面、クラブメンバーにとっては活動が忙しく、決まった一部の人だけがクラブ運営や奉仕活動に忙殺されています。今年は親睦活動を随所に織り込みながら、会員相互の理解をもっと深め、クラブの色々なことを気軽に話し合える雰囲気作りを中山幹事と共に作っていきたいと思います。組織運営(委員会の活動)につきましても従来通りではなく新しい組織活動にしてまいりたいと思います。 1年間、新しい徳島プリンスロータリークラブの組織づくりに、みなさまのご協力を重ねてお願い申し上げます。