HOME >会長挨拶

会長就任のご挨拶

会長 亀井一成2018-2019年度 徳島プリンスロータリークラブ
会長 亀井 一成







 2018-2019年度の会長指名を受け、徳島プリンスロータリークラブの会長を拝命することになりました。会員の皆さま、各委員長そして理事役員の皆さまのご協力をいただきながら、西岡幹事を中心に「前向きで楽観的、そして一致協力」を旨にクラブ運営を行って参ります。至らぬところはございますが皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

 さて、バリー・ラシン国際ロータリー(RI)会長は、2018-2019年度のテーマに「インスピレーションになろう」を選び、「私たちは持続可能な活動成果をもたらし、世界をより良くしたいと願っています。ロータリー内部やロータリアンのためだけでなく、世界のあらゆる人たち、あらゆる世代のために、私たちにできることがあるのです。」と述べられております。
 また、RI2670地区2018-2019年度 桑原征一ガバナーは、地区運営方針を「共に考え、共に行動しよう!」とされました。クラブ運営の基本は自主性をもって地域社会と共生することですが、そのうえで地区やRIと共に考え共に行動しましょうとおっしゃっておられます。

 一方、私たちのクラブは1993年の創立から25年が経過しました。自由で率直な発想を大切にした歴代会長・幹事並びに役員諸先輩の努力により今日に至っていると認識しております。プリンスRCのメンバーであることへの少しの誇りとグローバルな貢献の可能性を絶やさず、且つメンバーの親睦が深められるようなクラブ運営がなされて参りました。

 次年度は私たちのクラブから12年ぶりにガバナーを輩出し、地区で積極的な役割を担うことになります。光栄で喜ばしいことであると同時にクラブの力が試される状況となりますが、一部のメンバーに負担がかかりすぎる事は何としても避けなければなりません。
 本年は次年度に備え、一人ひとりが役割と力を少しずつ提供してクラブ内あるいは分区・地区との協力により課題を克服する準備とトレーニングの期間と位置づけ、私たちのクラブの特性と力量を親睦を深めながら磨いて参りたいと思っております。

 皆さまどうぞよろしくお願いいたします。