HOME >
会長佐渡三智子

会長挨拶 2019-2020年度 徳島プリンスロータリークラブ 佐渡 三智子

 令和元年を迎え、本年度2019-20年度は、いよいよ大島浩輔地区ガバナー年度のスタートとなります。記念すべき年度の会長を拝命致し、その重責に押しつぶされそうになっております。どうか皆様のご支援ご協力の程お願い申し上げます。
 さて、国際ロータリー2019-2020年度会長マーク・マローニー氏は、本年度のテーマを「ロータリーは世界をつなぐ」と発表されました。それを受け、大島浩輔地区ガバナーは、地区運営方針を「パッション&パシュート:情熱と追求」とされました。特に、パシュート・追求はクラブ内での地区での、そして地区を越えた活動を皆様と共に探し求めて参りたいと、ご自身の覚悟を述べられております。会員の皆様がクラブ内での役割、果たすべき責任を明らかにする事により、優れたロータリアンが育成されると具体的に説明されております。 ……… > 全文を読む



2018-2019年度 国際ロータリー第2670地区
徳島第T・第U分区合同IM(Intercity Meeting)

テーマ/平成最後のIM「ロータリーの今を知り未来を語ろう」
とき/2019年3月2日(土)
2018-2019年度 国際ロータリー第2670地区徳島第T・第U分区合同IMの
動画がご覧いただけます。
  • 基調講演【基調講演】
  • パネルディスカッション【パネルディスカッション】
  • 懇親会ダイジェスト【懇親会ダイジェスト】

眼科医療プロジェクト2013報告

 世界の最貧国の一つで、人口約2,400万人に対し眼科医が国中でわずか10数名しかいないモザンビーク共和国(以下モザンビーク)への眼科医療協力を第一の目的として、アフリカ眼科医療を支援する会(AOSA)を設立し活動を続けています。この間、皆様の暖かいご支援ご指導のもと、2008年6月から続けて6回のアイキャンプを発展的に無事に行うことができました。

 現地では、日本では想像できない過酷な環境の中で、人々はたくましく生活しています。特に僻地では医療情報に乏しく、失明は貧困に拍車をかけ、失明患者さんたちは社会から取り残された存在となります。これらの方々の多くは白内障が原因で、手術により比較的早く視力を回復し、日常の生活を取り戻すことが出来ます。これは結果的に貧困の改善にも繋がります。

 我々は当初から現地に赴き、現地の人々の声を直に聞き、状況を把握して活動して来ました。さらに継続して活動することにより現地との信頼は深まり、絆が太くなってくるのが感じられます。そして我々が来るのを待っている患者さんが増えてきていることも知りました。
 毎年モザンビーク人眼科医をアイキャンプに招待し、近い将来彼らがアイキャンプを運営してくれることを願って手術の技術指導を行っていますが、現状が目に見えて改善されるのは先のことでしょう。
 継続してアイキャンプを行っていますと、色々と想定外のことが起こります。2012年は急な日程変更を要請され、2013年は航空機の大幅な遅れのため1日遅れで現地到着となりました。幸いなことに素晴らしいチームワークで困難を打開して来ました。また、想定外のことは手術中にも起こります。手術中の停電や、患者さんが急に動くことなど色々で、このような想定外のことが起こったときに我々の本当の力が発揮されます。想定外を感じさせないプロの仕事で支援活動を行いたいと思っています。
 現地での医療活動は、極めて過酷ですが、手術後の患者さんのあふれる笑顔を見ると来て良かったと感じます。現在7月の第7回アイキャンプに向けて準備中です。我々の活動は地道ですが、継続することによって、モザンビークの医療状況の改善につながれば幸いと思います。そして、我々の活動が日本とモザンビークの友好の発展の助けになれば素晴らしいことです。微力ながら日本の代表の一人として国際貢献する所存ですので、今後ともご支援、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

(AOSA理事長・徳島大学眼科 内藤 毅)

現地支援プロジェクト実行病院での記念写真
2013年7月、Penbaにて





おしらせ

昨年度モザンビークで行った眼科医療プロジェクトを 以下のYouTubeのサイトでご覧いただけます。

このプロジェクトは、毎年1回、モザンビーク北部で、 日本人眼科医療チームAOSA(アフリカ眼科医療支援する会)が主体で 白内障手術を行っており、私達がコーディネーターの役割をしています。

昨年は153人を手術しました。
今年は9月末に、第5回目を行う予定です。

今年はモザンビークのJICAの青年海外協力隊も協力してくれる予定です。 患者200人が目標です。

このビデオのバックミュージックは、 新潟の眼科医の佐藤弥生さんが、 このプロジェクトのために作詞作曲し、自ら歌われています。

徳島プリンスRCよりおしらせ

2019.07.02
週報1267号をアップいたしました。>>>コチラ

2019.07.02
週報1266号をアップいたしました。

2019.07.02
週報1265号をアップいたしました。

2019.06.15
週報1264号をアップいたしました。

2019.06.15
週報1263号をアップいたしました。

2019.06.15
週報1262号をアップいたしました。

2019.06.15
週報1261号をアップいたしました。

2019.06.15
週報160号をアップいたしました。

2019.06.15
週報1259号をアップいたしました。

2019.06.15
週報1258号をアップいたしました。

2019.06.15
週報1257号をアップいたしました。

2019.04.11
週報1256号をアップいたしました。


徳島プリンスロータリークラブ事務局
〒770-0941 徳島県徳島市万代町3-5-1徳島グランヴィリオホテル(旧徳島プリンスホテル)内
FAX (088)669-4011